ホーム > 不妊・妊婦・産後

不妊・妊婦・産後

不妊



20代後半 Y・Nさん 症状:生理不順、不妊
「私は、中学生から生理不順で悩んできました。結婚をして、子宝に恵まれず不妊で苦しんできました。そんな時、夫に連れてきてもらったのが中沢先生の所でした。相談したらこれまでの生理不順から子宮が歪んでいたため子どもができにくい体であることを知り、骨盤と子宮の歪みを整えて子どもができやすい体へと改善してもらいました。
施術を週1回のペースで受けていて、3か月で不順が無くなり、半年ぐらいで自然妊娠で子どもに恵まれました。最初は人工授精でも子どもができずにかなり落ち込んでいましたが、今では家族共に大変感謝しております。」




生命力の強い母から子は生まれます。
もしあなたが野菜を育てる場合、美味しく健康的で生命力が強い野菜にするにはどうしますか?
・栄養豊富な自然な土
・汚染されていない綺麗な水
・広く日当たりの良い場所
こんな条件で育てると目的の野菜に育つと思います。

これは人間にも当てはまります。
・栄養豊富な自然な土=食事
・汚染されていない綺麗な水=血液
・広く日当たりの良い場所=歪みやストレスのない状態

添加物や薬などの化学物質や精神ストレスが蔓延して、現代人はすごく生命力が低下しています。
そんな状態で無理やり受精卵を子宮に入れたり、ホルモン剤を入れたりしても母体が弱いから育つはずがありません。
もし育ったとしても病弱で元気の無い子どもになる可能性が高いです。

血の質と血の流れをしっかりと整えれば体は自ずと正常に戻ります。
情報が混沌としている現代社会では、頑張って努力しているはずが逆に悪くしてしまっているという事が多々あります。
健康な体、正常な体に最短距離で向かい、元気な子どもを授かるという目的を達成するために、なかざわ整骨院に来て下さい。



妊娠

腰痛
妊娠中はリラキシンが分泌され、骨盤の関節が緩みます。
正確には、妊娠3か月~産後2-3日に分泌されると言われています。

体の痛みが出ている場所は筋肉が硬くなっているからです。
元々痛みは無い場合でも多少の歪みがあり、筋緊張が存在していると、その緊張に加えてリラキシンで関節が緩んで不安定になり、安定性を保とうと筋肉の緊張がより強まり、痛みが発現してしまうのです。
赤ちゃんの為に緩ましているのに、逆に締め付けてしまう結果になってしまうのです。

その緊張してしまう原因はどこにあるのでしょう?
骨?筋肉?内臓?脳神経?栄養?
しっかりと原因をつかみ取り、母子ともにストレスのない妊娠生活を送りましょう!

産後

骨盤矯正
出産直前にまで緩んでいた骨盤の関節が、出産後に段々と締まってきます。
その時に体に積もっている筋肉や内臓の問題が取れていなければ関節が歪んだ状態で締まってしまいます。
歪みは余計な脂肪が溜まるスペースを作り、妊娠前はやせ型だった体形も太りやすい体質に変わってしまいます。

そればかりか、緩みが締まるときに予期せぬ歪みが発生し、ひどい体調不良を起こす体質に変わってしまったなどというお話も多々報告されています。

出産後は早めのケアが望まれます。
今お悩みの方や不安がある方は、お気軽にご連絡・ご相談ください。





料金

●初回 ¥10000
 → OPENキャンペーン(期間限定)につき¥6000

●2回目以降 ¥5000
●交通事故(自賠責保険) ¥0

施術時間:5~40分
※その日の状態の一番良いバランスで終了するので、時間の変動があります。

新着情報

一覧を見る

2014/05/01

ホームページをリニューアルしました。

アクセス


※クリックで拡大
住所
〒783-0004
高知県南国市大埇甲1748-3
ベリオカリマッタ1F 北

営業時間
月~金8:00~20:00
土日祝8:00~16:00
※完全予約制
休業日
不定休

お問い合わせ